飲食うんちく道

直売所とスーパー、条件は同じ

山の国道沿いや畑の近くで、新鮮な野菜や果物を販売している直売所。直売所で売られているものって、スーパーで販売されているものよりも美味しいかったりしますよね。

 

例えば、畑のそばの直売所で無人販売していいるトマトだったり、夏に山梨の国道沿いに並ぶ直売所で農家のおばちゃんが手売りしている桃…などいろいろとありますが、スーパーで販売されている高級品よりも美味しいのは、そう珍しいことではありません。「そりゃ産地だから当然じゃないの?」、「畑が近いと鮮度がいいから」と思う人もいるかもしれませんが、スーパーで販売されている桃だってれっきとした山梨県産だったりします。工場で生産された桃を売っているわけではないのですから条件は同じはずです。

 

また、鮮度に関しても必ずしも採りたてが美味しいとは限りませんよね。好き好きもありますが、傷む寸前が甘みが増して1番美味しいと思う人もいます。では、直売所とスーパー、どこに違いがあるのでしょう?小売りの流通品と、直売所の違い。それは、鮮度と熟度です。

 

 

採れたて野菜は店頭に並ぶまで時間が掛かる?

葉物野菜やキノコ類などは、鮮度が如実に表れます。葉物野菜の場合、採りたてがやはり1番新鮮であり、1番美味しい時です。傷みやすいので、すぐにしなびてしまうの特徴の1つ。家庭やレストランで、葉物を調理する時は一度、水にさらしてから使いますよね。

 

こうすることで水を吸収し、またシャキッとした葉物に戻るからなのですが、太陽と土から養分をたっぷりと含んだ採れたての葉物野菜には敵いません。また、採れたてのキノコ類はかじってみるとジュワっと汁が出てきて、びっくりするほどジューシー、香りも非常に強いです。しかし、1日も経てばその瑞々しさは失われてしまうのです。蛇足ではありますが、カナダ産や中国産のマツタケが国産のものよりも美味しくないと言われているのは、瑞々しさが失われたからこそなのです。

 

決してマツタケ自体が美味しくないというわけではありません。青果類が収穫されて、スーパーの店頭に並ぶまでには、皆さんが思っている以上に時間が掛かっています。例えば、千葉県は、レタスをはじめとして、日本でも有数の野菜の産地と言われていますが、千葉にあるスーパーなら、畑がすぐそばだから、鮮度の良い野菜が食べられるか?というと、実はそうではないのです。

 

 

神楽坂 フレンチ

特別な時だからこそ食べたい食べ物

よく
「最後の晩餐だったら何を食べたい?」
などの質問などで友達と盛り上がったりします。
私はそういう時に迷わずに「焼肉」だと答えます。なんで焼肉なのかと言われると私が小さな時家で焼肉と言えば主にソーセージを食べていたのですが、高校生になって初めて大勢で焼肉に行こうとなった時に行ったお店で衝撃を受けました。
お店の焼肉はお肉だったからです。こういうと少し言い回しがおかしいんじゃない?と思われてしまうと思うのですが、本当に私の中の焼肉はソーセージだったんです。

 

その時は恥ずかしくて言えなかったのですが、お肉の味や初めて食べる牛たんの味などは忘れることはないと思います。私の家は特に貧しいわけではなかったのですが、母の宗教上の理由でお肉が食べれなかったんです。

 

しかし、初めて焼肉を食べた時は本当に感動してしまいました。
それから私の中で大きな祝い事があったりすると絶対に焼肉を振る舞う様にしたり、ボーナスが出ると焼肉!と決まっていました。
昔の思い出からですが、これ以上のごちそうはないなと本当に思いますね。
小さな時とギャップがあったからこそ感動も大きかったのかなと思います。

 

銀座 お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)