日本で料理というと

日本で料理というと

どこで解釈がされたのかわかりませんが、しかし表面上の意味が変わったようです。この「日本男子たるもの」は、「武士たるもの」です。なので、「武士道」は、儒教の影響をかなり受けていて、これに、日本の武士の価値観にある男尊女卑が、加えられたのかもしれません。

 

男尊女卑の考えは儒教にはありませんでしたが、しかし、戦いで権力を勝ちとるのが、封建時代には重要であったので、男が社会の実権を持つのは、世界的にもそのように捉えられていました。そして、炊事などは武士がやるべきものではなく、女性がするようになり、炊事は女の仕事で、身分の低い者の仕事という事になったのかもしれません。

 

また、日本では仏教思想によって、明治になるまで肉は食べませんでした。なので、食肉を屠殺する仕事、食肉をさばく調理人は「残酷な職業」ということで、「高貴な地位の人間がすることではない」と考えられたのも大きく影響しているかもしれません。昔では武士が商人になるよりも「料理人になる」というのは、まっとうな道から外れたという感じで、第二次世界大戦までは、料理の世界、料理人、料理に関係している人は、どちらかというと蔑まれていました。

 

かつて日本の料理界が閉鎖的であったのは、自ら閉じこもったというのではなくて、いつのまにか社会からそうされてしまったということもあったのかもしれません。日本で最も伝統あるホテル「帝国ホテル」の記録には、経営者、スタッフはしっかりと記されています。しかし、厨房に携わった人は記録が無く、初代の料理長の名前すら残されていません。

 

銀座 中華 個室