男子厨房に入らず、その意味は?

男子厨房に入らず、その意味は?

男子厨房に入らず」の由来は、中国の『孟子』にある「君子、庖厨を遠ざくる也」から来ていることを知っていますか?もう少し詳しく説明すると、『孟子』には、王(君主)の道を説くところで、「君子之於禽獸也、見其生、不忍見其死、聞其聲、不忍食其肉、是以君子遠庖廚也」とあり、これをわかりやすく意訳すると、「正しい情を持った立派な君主であれば、たとえ家畜であっても、生きているのを見ていると、それを殺すところを見るのは忍びない気持ちになります。ましてや、その声まで聞いてしまうと、食べるのに忍びなくなってしまいます。

 

しかしそんなことでは、国を治めることはできません。だから、君主たるものは、そのような気持ちになってしまわないように、調理をするために動物を殺している厨房には近づかないほうが良いのです。」という意味になります。食肉として牛が殺されそうになり、それに抵抗している姿を見た君主は「そんなに牛が嫌がっているのなら殺すのをやめなさい」と発言したそうです。しかしそれに対し臣下は「国民が食べていくために動物を屠殺することは仕方のないことです」と言い返したそうです。

 

 

亀有 ラーメン