海外でもお寿司が大人気

海外でもお寿司が大人気

つきぢ神楽寿司両国店オープン

 

外国人が日本をイメージするときは侍や富士山などと合わせてお寿司に日本を感じる場合があるほど知名度が高いですし、近年の外国人観光客の増加によってお寿司を食べる外国人も増加しているといわれています。

 

日本で美味しいおすしを食べた観光客は帰国してから土産話として友人、知人におすしの話をするでしょうから、そこから口コミなどとなって次の観光客が日本でお寿司を食べるといった好循環が生まれていると思われます。

 

しかし、最近のすしネタは海外産の魚が多く、特に安価で美味しく食べる事ができる回転寿司などはそういった傾向が強いとも言われます。美味しいので問題は無いのですが、外国人観光客には是非とも本物の寿司、職人さんが握るお寿司をせっかくの観光旅行なのですから楽しんで貰いたいと思います。

 

一方日本人は本当にお寿司の好きな人が多く、近所の回転すし屋は連日大勢のお客さんで夜遅くまで賑わっていますし、時間帯によっては外まで並んで待っているお客さんがいるくらいの大盛況ぶりで、回転寿司とはいえ一昔前とはお寿司の質も向上していますし、見た目、飾りつけ、味わい、品数、そしてコスト面では大分庶民が楽しめる身近な食べ物になったと感じます。

 

メリットデメリットとさまざまですが、やはり安価で美味しく食べる事ができるおすし屋さんが全国的にひtろがっているのは、それだけお寿司が人々に受け入れられ家族団らんの外食の一つとしてゆるぎない存在感を持つからでしょう。