美味しさの違いは仕方がない

美味しさの違いは仕方がない

「ちゃんと熟してから収穫してほしい」という人もいるかもしれませんが、しかし、「完熟」した状態というのは、成長のピーク時であり、一旦、それを過ぎてしまうと、傷むのも早いものです。なので、完熟してから収穫してしまうと、流通しスーパーに着くまでに身が熟れてグズグズになってしまい、店頭に置いても1日くらいですぐに売り切らなければ、その後は到底、持たなくなってしまいます。消費者も、買ってすぐのトマトや桃が次の日には黒ずんでいたというと、困ってしまいます。

 

美味しさを追求することは、青果の場合は、市場で出回っているものに関して言うと、不可能とも言えるようです。市場流通するのも1日か1週間か、かかる日数が違うので、どうしても美味しさを前提としていると、消費者の手に届く前に腐ってしまいます。

 

同じ畑で収穫されたトマトでも、赤く熟する前の青い状態で収穫され、そこから流通し、家庭の食卓に並ぶころに赤みが掛かって丁度いい状態のものよりも断然に美味しいのは、普通に木に実った状態で熟したトマトのほうだということがわかりますね。