野菜がスーパーに並ぶまで

野菜がスーパーに並ぶまで

収穫作業は、朝早くから千葉の畑で行われます。そして、収穫された青果は集荷場に運ばれ、農協がそれを千葉の卸売市場に運び東京の大田市場の大卸が買います。そこから大田市場で仲卸が買い、スーパーなどのバイヤー、小売りが買い、野菜小売りのバイヤーが、自社の倉庫に集め、スーパーに配送します。そして、ようやく私たちが店頭で青果を購入することが出来ます。そして開店前に製菓がお店に並べられます。なので、青果が収穫されてから、少なく見ても1日は経過しています千葉のスーパーでは、その日、千葉の畑で採れた青果が並ぶわけではありません。

 

千葉の畑で収穫し東京を経由、そこから千葉のスーパーに到着ということで、千葉のスーパーであっても1日待ちます。効率よく店頭に商品が並ぶ為には、こうした方法が必要で、無駄なことをしているようでも、仕方ないことです。何しろ、千葉県産のものだけがスーパーの店頭に並ぶとはかぎりません。

 

全国の至るところから買い付けられ、玉ねぎなら北海道、レタスは千葉、だいこんなら東京という感じです。全部を別に買い付けするなら、コストも手間も掛るのですが、しかし、そのコストを省くために市場があります。そして、東京の大田市場では、全国の青果が集まりますし、東京の築地市場なら魚介といったかんじです。効率が良いのは、まとめて買い付けするからです。